新潟 阿賀野市:美容室ガビーヘアのロンドンカット留学のご案内です。

美容室 ガビーヘア 新潟 美容室(美容院)ガビーヘア

新潟県阿賀野市下条町9-18
予約専用フリーダイヤル 0120-02-1822
お問い合わせ 0250-62-1822

新潟からお車で30分 無料駐車場完備
美容室ガビーヘアまでの地図、道路ご案内

ファイテンのページへ コタのページへ アリミノ ミントのページへ M-トリックのページへ WebShopのページへ リップグロスのページへ フェイスカラーのページへ アイブローペンシルのページへ メイクボックスのページへ
RAKUWAネック コタアイケア MINTシャンプー M−トリック WebShopトップ リップグロス フェイスカラー アイブロー メイクボックス
ガビーヘアWebShopはこちらです。

■トップページ
■サイトマップ
■着付&ブライダル
■エクステンション
■アートメイク
■クーポン券
■スタッフ紹介
■インフォメーション
■パーマ&カラー
■パーマ・カラー質問
■カット教室
■カット集
■育毛メディックス
■ロンドン放浪記03
■ロンドン放浪記04
■ギャラリー
■今月のキャンペーン
■みんなのページTOP
■リンク集
■地図ご案内
■ゴルフのページ
■映画のページ
■萌ちゃんの夏休み
■カット講習inNaoetu
■カット講習inNiigata
■カット講習inShibata
■カット講習inSuibara
■カット講習inSado
■ヘアーショーinNiigata
■携帯サイト
■商工会 携帯サイト
■ITビジネス研究会
■ご相談掲示版
■ガビーヘアWebShop
■お問い合わせ
2003ロンドン研修
■ロンドンTOP
■ロンドン放浪記T
■ロンドン放浪記U
■ロンドン写真集
ガビーヘア運営サイト
COTA(コタ)専門店
WELLA(ウェラ)専門店
ハニエル専門店
CRIE(クリエ)専門店
オーガニック専門店
美容室ガビーヘア

ロンドン放浪記 TOP


ここはみやジイが今までの経験豊かな(?)海外研修で得た知識や
色んな出来事を「ブラブラと書いてみようかな」というページです。
みなさんもお酒でも飲みながら気軽に見て下さい。


vidal sassoonのHP
今ではTVコマーシャルでお馴染みの「ヴィダル・サスーン」ですが、サスーンは「カットの神様」と呼ばれ、今では当たり前になったシザース(ハサミ)を使い、カットだけでスタイルを創り出した人です。
それまでのヘアスタイルの主流は、ローラーで巻いたり逆毛を立てたりして作るもので、それをブツ切りのカットで創ったものですから、世界中に大変な衝撃を与えました。
髪質、毛の流れ、骨格すべてを計算し理論的にカットされたスタイルは、多くのファンを魅了しました。
'63年からのファッションショーで、あのミニスカートを世界中に流行させた「マリー・クワント」の、ステージヘアを担当したのも「ヴィダル・サスーン」だったのです。
日本では「小枝」というチョコレートのCMのモデル「トウィギー」が、本当に小枝のような細身の体に、ミニスカート、ブラントカットというサイケデリックなスタイルで登場しました。
その後どんな「おばちゃま」まで、ミニを履くことの起爆剤となりました。
日本では抵抗があったのか、初来日のヘアーショーは不評に終わったそうです。
しかしながら哲学的とも言える「サスーンカット」は当然の事ながら、日本においても多くの信者(?)が生まれ、今日に至ったわけです。
私も「サスーン」のカットに惚れ、過去何回かスクールに行く機会がありました。
その度に技術もさる事ながら、外国との文化や考え方の違いや、日本のいいところを学ぶことが出来ました。
ここはPCを持参して、現地ロンドンからのレポートです。
リアルタイムに近い状態でUPしておりますので、ごゆっくりお楽しみください。

ちょっと硬いですが、サス−ンを知ってもらう為、みなさんもまずはお勉強ね。
進化を続けるサスーンは常に世界の美容界をリードし続けていますが、ここに大変有名なスタイルを紹介します。
これらはほんの一部ですが「クラシック」と呼ばれ最新のコレクション(ヘアースタイル)の全てのベースとなっています。
ヴィダル・サスーンのトレードマークともなった「ファイブ・ポイント」。
‘64に発表されたこのスタイルはジオメトリックカットと命名され、世界中の雑誌がこぞって取り上げました。
この頃は、ビートルズサウンド、マリークワントのミニスカート、サスーンのジオメトリックカットとロンドン発がファッションリーダーとなりました。
サスーン以前は髪をカールさせたり、ローラーでセットした為、艶がなく髪本来の美しさを無くしていました。注目を浴びたのはご覧のとおり斬新なスタイルであったと共に、髪の美しさを追求したのも大きな要因です。
この考え方は現代のヘアースタイルの、全てのベースとなりました。
「グラディエッド・ボブ」
サスーンにおいて日本人で初めて、トップスタイリストまで昇りつめた、川島文夫氏が発表したものです。このスタイルは日本人の顔によく合い、とても人気がありました。
その後、川島氏は日本で講習活動をして、美容師の間では大変な人気を得ました。
現在は「ピー・カー・ブー」というサロンで活躍しています。
「FIREFLY」
‘73に発表されたファイヤーフライ(ホタル)。
サイドから流れるグラデーションカットは、何とも美しい。
STRAIGHT SHAKE(‘77)
何点かのシェイクと名付けられた作品の中の一つです。
髪をシェイクしたような雰囲気がいいですね。すごく今ぽっくないですか?
美容室 ガビーヘア
新潟 美容室(美容院)ガビーヘア

新潟県阿賀野市下条町9-18
フリーダイヤル 
0120-02-1822


新潟からお車で30分

無料駐車場完備
美容室ガビーヘアまでの地図、
道路ご案内